治療して心から元気【自律神経失調症を改善するなら病院で】

崩れたバランスを整える

西洋医学では難しい

女性

自律神経失調症という言葉を聞いたことは一度はあるかもしれませんが、どんな病気なのかをはっきりと分かる人は少ないのではないでしょうか。自律神経失調症になると全身のいたるところに不快な症状が出てしまいます。一つの症状が強く出ると心身症と言われることが多く、不定愁訴が多くなるにつれて自律神経失調症と呼ばれることがあります。いろいろな検査をしても異常がでないのがこの病気の特徴です。ですからいろいろな診療科や病院を転々としたり、精神科にまわされたり気のせいだと言われることが多くあります。それによって不快な症状が増してさらに悪化させることもあるので注意しましょう。自律神経失調症には特効薬がなく薬を飲むことによって改善するのもではありません。

東洋医学の得意分野

自律神経失調症になると肩こりや頭痛、めまいや吐き気、胃の不調や便秘や下痢、不眠だるさ、緊張やふるえなどさまざまな症状が出ます。その不快な症状を改善するにはそれぞれの不快な症状を抑える薬を飲まないといけません。何種類もの薬を飲むことになったり安定剤や睡眠薬など依存性や副作用が出る薬を飲むことになります。症状を抑えることが中心なので治ることがありません。自律神経失調症を得意とする漢方はとてもおすすめです。漢方は身体を診るのであらゆる不調に対して効果的な治療ができるのです。症状に合わせての対処療法ではなく崩れたバランスを整えることによって体調をよくするのが漢方なのです。漢方薬は人それぞれ処方が違いますから専門医のいる病院で治療するのがおすすめです。