自社ビルと賃貸

男性

どちらが得か

東京において貸事務所とは自社ビルや専用のオフィスを所有していない企業が賃貸契約を結んで借りる事務所を意味します。貸事務所は自社ビルに比べ初期投資が少なくて済む点が大きなメリットです。自社ビルに比べて業務の拡張、縮小などが必要な際には容易に移転が出来ます。またビル管理業務などに煩わされる事も無く、管理会社やビルオーナーに任せる事になります。ただ、貸事務所の場合、家賃の値上げなどを要求される事もあります。しかし会社の将来像が描けないのであれば長い目で見ると貸事務所の方が会社経営者には大きなメリットがあります。特に東京では一等地はビルの空き率が低い傾向が続いています。丸の内や銀座、渋谷、新宿などでは逆に貸事務所の方が回転はよく、希望に沿った物件がかなりあります。大手企業も自社ビルを売って貸事務所に移転する事も東京ではよくある話です。また東京ではレンタルオフィスも最近は多くなっていますが、対外的には貸事務所を利用している企業の方が信用度は高いようです。金融機関からの融資を受ける場合にその違いが如実に現れます。そこで最初はレンタルオフィスで開業して、軌道に乗ってから貸事務所に移転する企業も東京ではよく見られます。実は長い目で見れば貸事務所の方がレンタルオフィスを継続して借りるより安くて済む事もあるからです。オフィスを借りる場合にやはり初期投資は抑えたいものです。業務の展望や人員など十分考慮して最適な貸事務所で業務がしたいものです。

Copyright© 2018 レンタルオフィスの契約【気軽に利用できるところが見つかる】 All Rights Reserved.